葬儀での香典の相場について説明しています。
香典の金額は故人との関係性や地域によって異なります。
喪主の負担を軽くするために気持ちとして差し上げる金銭であるため、一概に決まっているわけではありません。
可能であればその地域に長く住んでいる年長者などに事前に確認しておくと良いでしょう。
故人と同じ職場である場合、3000円〜5000円程度が多く、親しい職場の友人であった場合などは1万円程度つつむことが一般的です。
身内の場合には3万円〜5万円程度つつみますが、その中でも親族の場合、1万円〜3万円程度つつむのが一般的です。

葬儀での香典の相場

葬儀での香典の相場 このサイトでは葬儀における香典の相場について説明していきます。
香典の金額は故人との関係性によってその相場も異なります。
香典は葬儀を行う喪主の負担を軽くするために差し上げる金銭であるため、故人との関係によって異なっていても問題ありません。
あくまでも気持ちなので、一概にいくらと決まっているわけではありません。
地域に応じてその金額は異なることも多いため、自分より目上の人に事前に確認しておくと良いでしょう。
おおよその相場としては、故人と同じ職場である場合には、およそ3000円〜5000円であることが多く、親しい職場の方が亡くなった場合には10,000円程度つつむことが一般的です。
身内の場合には3万円から10万円程度つつみます。
そのうち、親族の場合には1万円〜3万円程度つつむのが一般的です。

葬儀に行くなら必携のアイテム

葬儀に行くなら必携のアイテム 葬儀は突然の報せによって出席することになるため、持っていくものを準備する時間もままならないことが多いですね。
そこで葬儀に行く際は忘れず持っていきたいアイテムをご紹介します。
まずは香典と香典袋です。
亡くなられた方と自分の関係に合わせた金額を用意します。
新札は失礼にあたるので古いお札を用意するか、新札に折り目をつけておきましょう。
香典袋には薄墨で氏名と金額を記入しておきます。
次に不祝儀袋を包むための袱紗です。
最近では一枚布のものだけでなくケース型になっているものもあります。
袱紗は慶事用のものもあるので派手でないデザインを選びましょう。
また葬儀は仏式で執り行われることが多いため、数珠も必ず持っていきましょう。
親族であっても貸し借りするのは避けましょう。
数珠には男性用と女性用があるので注意が必要です。
涙や手を拭く際に使用するハンカチですが、葬儀の場ではフォーマルなものを用意しましょう。
フォーマルなものがない場合、白や黒の無地のハンカチでも大丈夫ですが、派手な色柄のものは避けましょう。
さらに、式当日の急な天候の変化にも対応できるよう折りたたみ傘を持っていくことをおすすめします。
派手な色柄は控え、地味な色合いの無地のものが無難です。
故人との別れに集中できるよう、忘れ物がないように気を付けましょう。

ペットの葬儀には、花束やおやつを持っていきましょう

現在ペットを火葬する前には葬儀をすることが一般的です。家庭によっては仲の良かった人たちを呼び、僧侶まで招いて人間のような葬儀をあげることもあります。
そこまでしなくとも、一緒に生活した家族を天国に送り出したいならば、花束やおやつなどを持っていくといいでしょう。人間と同様に花に囲まれた状態で出棺することができますし、玩具なども持たせることができます。
お花に興味があるペットは珍しいですが、好きなおやつやご飯、玩具は誰でもあったはずです。それと一緒に旅立たせることが優しさのひとつだと言えます。
注意してほしいのは大きな金属やプラスチックのついた玩具は入れられないことです。高温の中で溶けてお骨を汚してしまう恐れがあるからです。
おやつやご飯もビニールなどの容器が溶けて悪影響を及ぼさないようにしてください。もちろん葬儀場の人も説明してくれるとは思いますが、きれいな状態で葬るために気をつけなければなりません。

自分自身の葬儀を生前に行う場合に把握しておくべき特徴

葬儀と聞くとイメージするのは人が亡くなった時に行うお別れの場となりますが、最近では自分自身の葬式自体を生前に行うという人も増えてきています。
実際に生前葬と呼ばれるタイプであり、今までにない葬儀スタイルといえます。
では実際に生きている内に自分の葬式を行う特徴ですが、自ら式のプランを考えて参列してほしい人を招待する事が可能です。
式自体の予算なども踏まえて、自分が納得できる式にできるというのが大きな魅力といえます。
また直接参列者の方に思いを直接伝える事ができるという事は特徴であり、感謝の言葉などを想いをこめて伝えられるというのは大きな特徴です。
ただし生きている内に葬式を行うという事に縁起が悪いと感じる人も多く、なかなか理解してもらえない場合もあるということを理解しておく事が必要となります。
葬式に参列してほしいと希望しても断られてしまったり、批判されてしまう可能性もあるのでしっかり理解してもらうという事が大切なポイントの1つです。

葬儀にかかる費用は式のプランや参列者の数で変わってくる

身内で不幸があった際に遺族は葬儀を執り行うために準備をする必要がありますが、やはり気になるのが葬式にかかる費用になります。
初めてという遺族も多いので、実際どれくらいお金を用意したらよいのか負担になる事も多いです。
実際に葬儀を行う場合の費用ですが、料金が変わるポイントとなるのが選ぶ式プランの種類と参列者の数になります。
葬式のプランにも色々種類があり、プラン毎にある程度かかる料金を予測する事が可能です。
一般葬であれば200万から300万前後であり、家族葬であれば100万前後に抑える事が出来ます。
1日葬プランであればぐっと料金は安くなり、50万前後という場合も可能です。
参列者に対して準備が必要な返礼品や食事などは人数分の用意が必要であり、参列者が多ければそれだけ料金が高くなるという事も想定できます。ただし参列者自体は予想は出来ますが、実際に式を行ってみないとわからない事も多いのである程度余裕をもって予算を決めておく事もポイントといえます。

葬儀で振る舞われる食事会の種類を把握しておく

社会人として生活している中で突然訃報の知らせが届いたら、直ぐに通夜や告別式に参列する準備をする必要があります。
初めて葬儀に参列する場合、ある程度基礎知識としてマナーを把握しておく事も重要です。
一般的な葬儀の場合は通夜と告別式を2日間に分けて執り行われますが、その際に食事会があるという事も把握しておくようにします。
まず通夜の時に振る舞われるのが通夜ぶるまいという食事であり、食事のほかにお酒なども出される場合が多いです。
次に告別式に振る舞われるのが精進落としであり、これら食事会は両方とも故人への供養という意味も含まれています。
進められた場合は断らないのがマナーですが、用事がある場合は丁寧にお断りをして斎場を後にする事は可能です。
食事の他にお酒なども提供される事は多く供養のため頂く方がよいですが、帰りの交通手段を考慮して判断するようにします。
車を運転する予定があるのであれば、断っても失礼にならないので問題はありません。

事前に知っておきたい家族が亡くなった時の葬儀の手順や流れ

家族を弔うための葬儀を執り行うためにはさまざまな手順があるため、いざという時に慌てずに対応できるように事前に流れを知っておくことが大切です。
もしも家族が亡くなった際にはすぐに葬儀会社を決めて連絡をすることが必要となるため、どの会社に依頼するのかは前もって決めておくのがよいでしょう。
会社に連絡をするとまず最初に寝台車が手配され、自宅や霊安室に搬送を行って遺体を安置します。
次に、葬儀の詳細について打ち合わせを行い、喪主、宗派、形式、場所、プランなどを決めます。
その後、納棺の儀式を行って、連絡や準備を進めたのちに通夜と告別式を執り行うのがおおまかな流れです。
告別式の最後にはお別れの儀式や出棺などを行うのが一般的で、故人としっかりとお別れができてから火葬場へと移動します。
火葬を終えた後、遺骨を骨壺に収めるお骨上げ、初七日法要、精進落としなどを必要に応じて行い、後飾りと諸手続が済むと全て完了です。
葬儀の後にはお仏壇の準備や返礼品の手配のほか、納骨や四十九日もあるため、遺族で手分けして助け合いながら進めていくとよいでしょう。

葬儀はバリアフリーの施設を用意して参加しやすくする

バリアフリーな社会は誰にとってもやさしい社会であると言われることがありますが、それは葬儀の会場でも同様です。
ましてや、お年寄りや障害をお持ちの方が参加するのであればなおのこと、バリアフリーに対応した施設を用意するのがおすすめです。
出入り口からホールに至るまで床に段差がない環境ならば、誰もが安全かつスムースに移動することが可能です。
手すりが設置されていれば一人で歩行するのが心配な方でも移動がしやすくなるだけではなく、疲れた方がほんの一時休むこともできます。
車椅子に対応したエレベーターがあれば車椅子利用者の方が乗降しやすくなるほか、車椅子を使用していない方でもゆったりとしたスペースで移動ができます。
このような設備を採用した葬儀場も増えており、誰にとっても利用しやすい環境が整えられています。
これならば移動時に高齢者や障害のある方、健常者がお互いに気を使うことなく過ごすことができ、心身の負担を軽減することで故人を偲ぶことに集中できるのもメリットです。

高齢の参列者のいる葬儀で注意するべき点とは

日本は世界の中でも指折りの超高齢化社会です。
だからこそ、誰かの葬儀で高齢の参列者がいることは珍しくありません。
このような場合は、葬儀会館や斎場の運営側やスタッフが十分に注意を払う必要があります。
お手伝いの方には、遠慮せず高齢の参列者がいることを伝え、配慮をお願いするべきです。
近年は斎場がバリアフリー化していたり、杖置き場などが用意されているケースが増えています。それでもまだ、使いにくい部分がある点は否めません。
高齢者の場合、長時間座り続けること自体が苦痛となるものです。
そのために正座ではなく、あえて椅子を用意する手配を整えておくことをおすすめします。
ご焼香の際は、慌てる必要がないことを十分に伝え、時間がかかることを念頭に置いておくべきです。
杖などの補助具が必要であれば、スタッフが持参するなど工夫することが大切となります。
急な体調の変化や具合が悪くなった場合は、速やかに周囲の人に声をかけてもらうことも伝えておきましょう。

葬儀をするなら家族葬を選ぶご遺族が増えている

昨今では葬儀に対する考え方やライフスタイルの大きな変化が進み、身内だけで気兼ねなく故人を送り出す家族葬を選ぶご遺族が増えています。
これまでの葬儀は親戚や友人、知人に連絡をして会場まで足を運んでもらいますが、場合によっては宿泊先を用意するだけではなく、お車代を提供することもありました。
また、一連の葬儀が終わってからもお返しやお礼など多くのマナーを守らなければなりませんでした。
多くの人々が忙しい毎日を過ごしており、時には仕事を休んでまでも遠くから足を運んでもらうだけでも恐縮し、さらにお返しや挨拶となればお互いに気を使ってしまうことから、できるだけ簡素化してお互いに気を使わないようにしたいという方が増えている傾向にあります。
そんなニーズに応えるために多くの葬儀会社では家族葬のプランを用意しており、比較的リーズナブルな価格で提供されています。
最も重要なのは故人を心から偲ぶことであり、それ以外の要素に多くのリソースを割きたくないという方が増えています。

葬儀では送迎バスを用意することも考えておく

葬儀では送迎バスを用意することも考えておいたほうが良いケースがあります。
これは葬儀を執り行う場所の利便性にもよりますが、電車の最寄り駅から徒歩圏内にあるとは限りません。
マイカーで来場する人はバスなど不要のはずですが、電車の場合は最寄り駅からのアクセスはどうなっているのかを事前に確認しておくほうが良いです。
参列者は全員が足腰がしっかりしていて歩くことに問題がない人ばかりではなかったりします。
足の悪い人はごく短距離でも思った以上に時間がかかってしまうかもしれません。
また、過去に来たことがある場所とも限らないわけで、初めての土地であればいくらしっかりと案内されていたとしても迷ってしまう可能性もあります。
葬儀の場所と火葬場が離れているケースではさらに注意が必要で、火葬場までの移動を前提としている場合、そこまでの移動手段はどうするのかということです。
ここでも送迎バスが活躍するシーンはあるかもしれません。

葬儀場の建設に対して反対意見が出たときの対応

お葬式そのものが小規模化している現代、街中や住宅街に葬儀場が建設されるケースが出てきました。
実はこの建設の際に、周囲の住民や施設などから反対の声があがることがあります。
近くに葬儀社が出来ることで、周囲の地域のイメージ低下を気にする住民が多いほど、反対運動は大きくなる傾向にあるものです。
死ぬことを連想させるという理由や、大勢の参列者が葬儀場に訪問することが不安という場合もあります。
このような意見が出た場合、まず法律では認められていることを丁寧に説明することが大切です。
都市計画法や建築基準法に基づいて建造される限り、葬儀場は集会所として認可されています。
判例においても、結局は反対派の声が棄却されたというケースがあるので、必要以上に心配になることはありません。
とはいえ、地域の理解を得ることは今後の運営をスムーズにするために大切なことです。斎場などを建てるときには、説明会を行い地域のイベントに積極的に参加するといった理解を求める姿勢を見せましょう。

葬儀に出席できない場合の対応方法について

葬儀に出席しようと計画していても、病気や急な用事によって参加できないことがあります。
事前に連絡することがマナーとなっていますが、出席できなくてもいろいろな対応の仕方があります。
まずは弔電を打つことで、郵便局やインターネットなどで簡単に申し込むことができ、お悔やみを書面で表すことができるのです。
花を添えることもできるためいろいろな演出方法があるのです。次に葬儀が終わってから訪問する仏壇に線香をあげたりすることや、納骨の時に参加する事もできます。
途中の参列でも可能で、葬儀が終わってから訪問するのも良いですし、火葬など他のイベントにも参加することもできるのです。
このように出席できない場合でも、いろいろな対応方法があるため、もしと調整しながら計画を立てることが重要となります。
後でも振り込み色や書留で送付することも可能となっているため、お金の面でも対応できるのです。
最近ではオンライン葬儀もあるため確認することが重要となります。

種類が豊富!葬儀に持参する香典の種類について解説

香典の種類はさまざまで、宗教などによって使うものが異なります。
「御霊前」という表書きは、宗教や宗派を問わず使うことが可能です。
ただし、浄土真宗の葬儀に持参する場合は、「御霊前」という書き方は避けましょう。
浄土真宗の場合は、「御仏前」と記載します。浄土真宗では霊の存在が認められておらず、亡くなった後すぐに仏様になると考えられているからです。
仏式の香典の場合は、「御香典」や「御香料」といった書き方もあります。
神式の葬儀では、「御玉串料」「御榊料」といった表書きの香典が一般的です。
キリスト教の葬儀に参加する場合は、宗派によって持参する香典の種類が異なります。
カトリックの場合は「御ミサ料」と書かれた香典だけでなく、他の宗教でも幅広く使われている「御霊前」も使用できます。
一方、プロテスタントの場合は「忌慰料」という香典が一般的です。
また、カトリックでもプロテスタントのどちらでも、「御花料」という表書きを使えます。

宗派にこだわらない葬儀を選ぶ人が増加傾向にあります

以前は先祖から代々続いてきた宗教を信仰することが一般的でしたが、若い人を中心にして宗教そのものを信仰しないことを選ぶ人が増えています。
また親とは違った宗教を信仰する人も増えたことにより、葬儀を行うときにも宗派にこだわらない形式を選ぶ傾向が増加してます。
そのため葬儀場などでも、必ずしも宗教色がある形式にしなければならないとはしていませんから、無宗教で行うことも多いです。
檀家になっていない世帯も多いですから、葬儀にお坊さんを呼ばないという選択肢も増えています。
実際にそのような葬儀になっても、これまでと全く変わりなく滞りなく終わらせることができますから心配する必要はありません。
どちらかというとお寺さんなどに支払う費用を節約できますから、家族葬や直葬などでも無宗教を選ぶ人が増えています。
宗教にこだわらなくても、亡くなった人を温かく見送るという気持ちに変わることがなければ、満足度が高い葬式にすることができるでしょう。

葬儀における香典返しの対応方法の様々な紹介

葬儀における香典返しはいろいろな方法があり、金額で使い分けることが重要となります。
一般的には茶菓、線香や虫袋といった簡単なものを葬儀が終わり次第、参列者に配布することが一般的です。
これは3000円程度の香典返しとなり、事前に準備しておくことがポイントとなるのです。
高額な参列者に対しては、いろいろなものをその額に合わせて対応していきます。食器などの日用品を始めこちらで決めることも重要ですが、最近では相手が選びやすくより有用なものを手に入れるためにカタログギフトが主流となっています。
カタログギフトも送付色でリーズナブルになっているので手配が容易になっています。
カタログギフトも価格帯が設定されているため、松竹梅で選びやすくなっていますし、商品ごとにもまとめられているため、内容を確認して選ぶこともできます。
例えばスポーツ用品にこだわったり、食べ物にこだわったりなどが挙げられるのです。
インターネットでもいろいろな事例を紹介しているので参考になるのです。

葬儀で起こりがちなトラブルを事前に予想して回避しよう

葬儀は頻繁に行うものではありませんし、喪主側にとっても慣れないことをするため緊張している状態にあることが多いです。
悲しみに浸っていることもできず、参列者に挨拶回りをしなければなりませんせい、食事などの手配をするなど雑務は多くなります。
そこで葬儀の際にトラブルが起きないようにするため、事前に起こり勝ちなことを予想して回避すると安心できます。
トラブルで多いものの1つが、香典返しの準備をしているものの、数が足りなくなってしまったというものです。
葬儀会社を利用するのであれば、在庫は豊富に揃っているので心配する必要はありません。
しかし自分たちでこだわりの品物を香典返しに使用したいという時には、あらかじめ余分に注文をしておくことが重要です。
後から数が足りなくなって送付をすることになると二度手間になってしまいますし、受け取る側の心象も良くありませんから、余るくらいに用意をしておくことで心配事を減らすことができます。

葬儀関連お勧めサイト

中野区で葬儀を執り行っています

中野区 葬儀

新着情報

◎2023/11/15

情報を追加しました。


>葬儀に出席できない場合の対応方法について
>種類が豊富!葬儀に持参する香典の種類について解説
>宗派にこだわらない葬儀を選ぶ人が増加傾向にあります
>葬儀における香典返しの対応方法の様々な紹介
>葬儀で起こりがちなトラブルを事前に予想して回避しよう

◎2023/1/16

情報を追加しました。


>葬儀はバリアフリーの施設を用意して参加しやすくする
>高齢の参列者のいる葬儀で注意するべき点とは
>葬儀をするなら家族葬を選ぶご遺族が増えている
>葬儀では送迎バスを用意することも考えておく
>葬儀場の建設に対して反対意見が出たときの対応

◎2022/3/7

情報を更新しました。
>ペットの葬儀には、花束やおやつを持っていきましょう
>自分自身の葬儀を生前に行う場合に把握しておくべき特徴
>葬儀にかかる費用は式のプランや参列者の数で変わってくる
>葬儀で振る舞われる食事会の種類を把握しておく
>事前に知っておきたい家族が亡くなった時の葬儀の手順や流れ

◎2019/1/10

葬儀と告別式の違い
の情報を更新しました。

◎2018/11/2

髪色は茶髪でも違和感がないのか
の情報を更新しました。

◎2018/9/4

葬儀の知識や流れと手順
の情報を更新しました。

◎2018/6/8

葬儀の会計のポイント
の情報を更新しました。

◎2018/4/10

葬儀用の出納帳をつけてお金を管理
の情報を更新しました。

◎2018/3/9

サイト公開しました

「葬儀 香典」
に関連するツイート
Twitter

企業なら忌引きで有給扱いに出来るかもだが、個人事業主で投資案件と制作に集中した4、5月で支出ばかりで売上出す仕事出来てない状態で仕事ストップせざるを得なかったのは結構まずい。葬儀も費用かかりすぎてビックリ。全然香典では足りないじゃんと。車のタイヤもすり減って買い替えないとだし

いま、ガンを患っている 👵の実妹(義叔母) 私は絶対葬式には参列しない 何故なら 私の実父が亡くなった時に お悔やみ、香典一切もらってないし 葬儀にも来てない 👵もゴミ小姑も 義親戚一同みんな知らんふりだった だから私は義の冠婚葬祭には 今後一切関わらないと決めている

ちょっと質問。義父の姉(義理叔母)、亡き祖父の葬儀きてたんだけど、そこであがった御供物のビールを県外の自宅に送った上に、1周忌来たいから、香典から交通費だしてっていうんだけど これって常識⁇親の法事に実費でこないの⁇

うちの田舎では誰か亡くなると 区長だかなんだかに 5万円を支払わなくてはならないんです。 何のお金?何のために?と 近所の親戚に聞いたら 昔からそういうしきたりやから、 葬儀の時香典で全額もしくは何割だかが 返ってくるから、ちゃんとして!とか。 それ区長の香典を自分で用意しろって事やん

返信先:安倍晋三氏が誰よりも特別な (それ故に身の危険がある)政治家だということを 誰よりも知っているのはほかならぬ朝日でしょう? 「安倍の葬式はうちで出す」と言っていた朝日 葬儀の際には香典を沢山出しましたか?