葬儀の会計のポイント

葬儀の会計のポイント 葬儀の会計のポイントとしてまず挙げられるのは、会計係になったのであればどのような場合であっても他の役割との兼務はしないことです。葬儀の際に人手が足りなくなってしまったりすると、いくつかの役割を同時に請け負ったり、交代で行うことでまかなったりしますが、会計の場合は他の人に任せたり目を離したりすることで後々金銭的なトラブルになってしまう事が考えられますから、注意すべきです。
また、受付係との連携も非常に重要なカギとなります。まずは受付担当の方々に挨拶に行き、協力してもらえるようお願いしましょう。その時、先にも上げた通り自分の与えられた役割の身に集中・専念できるような状態を作りたいということも伝えておきます。そうすると、受付係の人たちが気を利かせてくれます。香典を受け取ったら受付に溜めて置いておくのではなく、受け取り次第、すぐに自分のもとへ持って来てくれるようお願いすることもポイントです。そうすれば安心して作業を行っていくことが出来ます。

葬儀は運営者同士の協力が不可欠

葬儀は運営者同士の協力が不可欠 葬儀は故人を偲ぶ場ではありますが、親族間でのトラブルも多いのが現実です。1番多いのが相続に関する事の様に、金銭が絡む所にはつきものとなっています。しかし喪主が1人で全て決めれる程甘くはなく、非常に負担は大きいので現実的に不可能です。そうしても運営者である親族同士の協力は不可欠と言えます。
葬儀では決める事は多いのです。風習や価値観によっても違いが生まれます。互いの意見が反発すると短期間で多くの事を手配しないといけない葬儀では運営は不可能になります。それでも決める事は決めないといけないのですが、意見の対立により進まない事は多いです。親族を取りまとめる存在がいない場合がこの様なトラブルが多いです。
葬儀は喪主や代表者が1人で行う者ではありません。写真を選ぶ事1つでも各々意見があります。互いが協力し合わないと故人を送り出せない現状を理解し、互いに歩み寄り故人にとって最善の事を選択する必要があります。協力し合う事を忘れてはいけません。

新着情報

◎2023/11/15

情報を追加しました。


>葬儀に出席できない場合の対応方法について
>種類が豊富!葬儀に持参する香典の種類について解説
>宗派にこだわらない葬儀を選ぶ人が増加傾向にあります
>葬儀における香典返しの対応方法の様々な紹介
>葬儀で起こりがちなトラブルを事前に予想して回避しよう

◎2023/1/16

情報を追加しました。


>葬儀はバリアフリーの施設を用意して参加しやすくする
>高齢の参列者のいる葬儀で注意するべき点とは
>葬儀をするなら家族葬を選ぶご遺族が増えている
>葬儀では送迎バスを用意することも考えておく
>葬儀場の建設に対して反対意見が出たときの対応

◎2022/3/7

情報を更新しました。
>ペットの葬儀には、花束やおやつを持っていきましょう
>自分自身の葬儀を生前に行う場合に把握しておくべき特徴
>葬儀にかかる費用は式のプランや参列者の数で変わってくる
>葬儀で振る舞われる食事会の種類を把握しておく
>事前に知っておきたい家族が亡くなった時の葬儀の手順や流れ

◎2019/1/10

葬儀と告別式の違い
の情報を更新しました。

◎2018/11/2

髪色は茶髪でも違和感がないのか
の情報を更新しました。

◎2018/9/4

葬儀の知識や流れと手順
の情報を更新しました。

◎2018/6/8

葬儀の会計のポイント
の情報を更新しました。

◎2018/4/10

葬儀用の出納帳をつけてお金を管理
の情報を更新しました。

◎2018/3/9

サイト公開しました

「葬儀 会計 」
に関連するツイート
Twitter

最近、仏教界でも明朗会計方式を取り入れた、安価できちんとした葬儀を行うお坊さんの話をネット等で見たが、これはとても良い事だ、と私個人的には思う。 ただ、まだまだ少数派だろうから、もっともっと広まってほしいと願ってやまない。

うちはもう随分前に檀家関係なくなってお寺さんとの関係もなかったので、父が亡くなった時は葬儀社さん経由でお坊さん検討したんだけど、料金ごとに戒名のランクが明記されてて明朗会計だったな。檀家信徒とかは暗黙の了解的なもので運ぶんだとしたら、現代ではかなり厳しそう……

うちの寺凄いのが明朗会計で戒名代も葬儀代も卒塔婆1本の値段も全部エクセルの表にしてくれて、かつ銀行振込で対応してくれた 時代は銀行振込

返信先:今までが余りにも不透明過ぎでしょう! 料金表を提示してくれれば明朗会計で安心ですね。 今は葬儀屋さんに聞けば、宗派別にある程度の金額を教えて貰えますけど・・😏

返信先:母親の葬儀のとき、「小さなお葬式」の会社を通してお坊さんを手配したら明朗会計でしたよ。