葬儀と告別式の違い

葬儀と告別式の違い 通夜とお葬式の違いは分かるけれども、葬儀と告別式は一緒に行われていることが多くあまり違いが分からない方も多くいらっしゃいます。
現在ではこの二つは一体化して「お葬式」として行うことが一般的になっています。葬儀は親族や知人が故人の冥福を祈って死者を葬る儀式のことをいい、仏式であれば死者の霊魂を鎮め成仏してもらうためにお坊さんに読経してもらいます。
本来はお坊さん以外は遺族と少数の近親者のみで営むもので宗教色が強いイメージがあります。告別式は親族や知人が故人に最後のお別れを告げる式典で、故人が生前に交流のあった近所や会社関係の人たちが参列して焼香、献花などを行います。
厳密に言えばお坊さんの読経があり、親族近親者の焼香を済ませる、ここまでが葬儀といえますが明確に区別されていることは現在ではほとんど見られず、著名な方であれば後日「お別れの会」といった形で仕事仲間やファンが焼香・献花するケースもあります。

葬儀と告別式の流れで大切なポイントを知っておきましょう

葬儀と告別式の流れで大切なポイントを知っておきましょう お通夜と告別式の2日間を葬儀と言います。二日目は午前中から行われる告別と葬儀式の2つで成り立ちます。
葬儀式は亡くなった故人を家族や親族が偲び見送る儀式で、告別式は友人や知人や近所の方、仕事関係の方がお別れの挨拶に足を運ぶための式です。
流れで大切なのは喪主の挨拶を行うタイミングでしょう。開式から火葬後のお食事まで、喪主が挨拶するので打ち合わせを行う必要があります。
式次第や注意点において分からない事があれば、この事前の打ち合わせで質問しておくと良いでしょう。また喪主の方は人数の確認をしなければなりません。
手配するバスや料理の手配に誤りが生じないための把握です。そして席次と焼香順の決定もこの時にします。
葬儀の進行ですが、喪主や個人のご家族と親族は、開始予定時間より前に着席しています。僧侶と一般の参列者の方を待つのです。お焼香はまず僧侶から始めます。
僧侶に続いて喪主や近親者が次々と行った後、その他の参列者の方がします。

新着情報

◎2023/11/15

情報を追加しました。


>葬儀に出席できない場合の対応方法について
>種類が豊富!葬儀に持参する香典の種類について解説
>宗派にこだわらない葬儀を選ぶ人が増加傾向にあります
>葬儀における香典返しの対応方法の様々な紹介
>葬儀で起こりがちなトラブルを事前に予想して回避しよう

◎2023/1/16

情報を追加しました。


>葬儀はバリアフリーの施設を用意して参加しやすくする
>高齢の参列者のいる葬儀で注意するべき点とは
>葬儀をするなら家族葬を選ぶご遺族が増えている
>葬儀では送迎バスを用意することも考えておく
>葬儀場の建設に対して反対意見が出たときの対応

◎2022/3/7

情報を更新しました。
>ペットの葬儀には、花束やおやつを持っていきましょう
>自分自身の葬儀を生前に行う場合に把握しておくべき特徴
>葬儀にかかる費用は式のプランや参列者の数で変わってくる
>葬儀で振る舞われる食事会の種類を把握しておく
>事前に知っておきたい家族が亡くなった時の葬儀の手順や流れ

◎2019/1/10

葬儀と告別式の違い
の情報を更新しました。

◎2018/11/2

髪色は茶髪でも違和感がないのか
の情報を更新しました。

◎2018/9/4

葬儀の知識や流れと手順
の情報を更新しました。

◎2018/6/8

葬儀の会計のポイント
の情報を更新しました。

◎2018/4/10

葬儀用の出納帳をつけてお金を管理
の情報を更新しました。

◎2018/3/9

サイト公開しました

「葬儀 告別式 」
に関連するツイート
Twitter

X民の皆さまお久しぶりです。 火曜日に伯母が亡くなってしまい、水曜日と木曜日に三年生を送る会の準備と進行をしそのままお通夜、今日は告別式の方に行っておりました。 委員会の愚痴、葬儀に参加した上での不安や恐怖など話したい事はたくさんありますが一度寝ます。 委員会の疲れがすごいです。

*今日は、次兄の葬儀告別式の日です、、、説教で、よく聞かされた、「朝、元気に、出ていった人間が、夕方には、白骨となり、家に帰る」、、、この世の、無常を、語った言葉である。

身内が亡くなり通夜告別式を経て葬儀屋もお坊さんも儲かるんだなあと思った。読経中にものを落とされたり素人目に見てもわかるミスをされ「この部屋熱くないですか?ご遺体的には涼しい方がいいんですけどね笑」と遠回しに温度下げたそうにされて皆疲れてる時に冗談っぽく言われて全然笑えなかった。

急に人亡くなったから明日or数日後or数週間以内に来てお経あげてくれ&葬儀だけじゃなくて告別式も火葬場も来てね&戒名つけてねっていろーんなものがその数十万に含まれてるわけで、しかもやりたくないならやらない葬式もあるわけで、トータルで見ると悪くないというか、戒名だけのお金じゃないよね。

返信先:5年前に祖母の葬儀を県外の斎場でした時、全参加者9人中7人が喫煙者🚬 彼らが告別式後に真っ先に向かったのは外の喫煙所… (私とおばは非喫煙者)