葬儀の知識や流れと手順

葬儀の知識や流れと手順 葬儀とは心の準備もないまま、突然やってくるものです。何をどうすればよいのかわからない方も多いと思います。ここでは、一般的な流れや手順にについてご紹介します。
まず、ご臨終を迎えられた故人の搬送をしなければなりません。病院の場合は搬送の際に「死亡診断書」が必要となります。ご自宅など所定の安置場所で、ご遺体を清潔な布団に北枕で寝かせます。通夜までの間に枕飾りをし、ご遺体を棺に納める納棺の儀式は重要です。弔問客も多数訪れるので、通夜の前には親族と業者との打ち合わせが必要になります。葬儀は宗教により異なりますが、埋葬する前の儀式です。次に出棺し火葬場では故人との最後の対面となるので、ご遺族や親族がお骨あげを行い、遺骨を骨壺に収めます。葬儀が終わっても、まだ儀式は続きます。初七日の法要と精進落としを行い、自宅に安置していた遺骨をお墓に収める納骨を行います。四十九日の法要も重要な儀式で、家族、親族で集まり法要が行われることが多いです。
ご遺族の悲しみが癒えない間に、たくさんの儀式を行わなければなりません。手順や流れは地域性や宗教により異なってくるので、近親者でよく相談をして執り行ってください。

葬儀の運営は専門家にお願いするのが一番

葬儀の運営は専門家にお願いするのが一番 葬儀に関しては、核家族化傾向が強まり都会に人口が集中し地方での挙行が少なくなったとか、簡易型の葬儀を営む人が増えてきたということもあって、できるだけシンプルにということとできればお金をあまり掛けないでということが一般的になりつつあります。そういう営み方を後押しするようにいろいろな業者が、様々な提案をするようになって来ており、それだけに多様化しているということが言えなくもありません
でも元に戻れば、亡くなった方のご冥福をお祈りし、供養するというのが本筋ですから、その基軸を外しての葬儀ということは考えられません。
そうなると、いざ葬儀というときの運営は、やはり専門家にお願いするというのが一番ということになります。もちろん、喪主や施主が望むやり方をきちんと説明し、できる範囲で対応してもらうということになります。
ただし、肝心なことは事を運ぶ段階でそうしたことを実現するには様々な障がいが生まれることもあるので、できるだけ前もって専門家と相談しておくというのが必要なことなのです。

新着情報

◎2023/11/15

情報を追加しました。


>葬儀に出席できない場合の対応方法について
>種類が豊富!葬儀に持参する香典の種類について解説
>宗派にこだわらない葬儀を選ぶ人が増加傾向にあります
>葬儀における香典返しの対応方法の様々な紹介
>葬儀で起こりがちなトラブルを事前に予想して回避しよう

◎2023/1/16

情報を追加しました。


>葬儀はバリアフリーの施設を用意して参加しやすくする
>高齢の参列者のいる葬儀で注意するべき点とは
>葬儀をするなら家族葬を選ぶご遺族が増えている
>葬儀では送迎バスを用意することも考えておく
>葬儀場の建設に対して反対意見が出たときの対応

◎2022/3/7

情報を更新しました。
>ペットの葬儀には、花束やおやつを持っていきましょう
>自分自身の葬儀を生前に行う場合に把握しておくべき特徴
>葬儀にかかる費用は式のプランや参列者の数で変わってくる
>葬儀で振る舞われる食事会の種類を把握しておく
>事前に知っておきたい家族が亡くなった時の葬儀の手順や流れ

◎2019/1/10

葬儀と告別式の違い
の情報を更新しました。

◎2018/11/2

髪色は茶髪でも違和感がないのか
の情報を更新しました。

◎2018/9/4

葬儀の知識や流れと手順
の情報を更新しました。

◎2018/6/8

葬儀の会計のポイント
の情報を更新しました。

◎2018/4/10

葬儀用の出納帳をつけてお金を管理
の情報を更新しました。

◎2018/3/9

サイト公開しました

「葬儀 知識 」
に関連するツイート
Twitter

納経帳、棺桶に入れるとうい知識がなく、納棺の際に葬儀屋さんから納経帳とかないですか?と聞かれてそういうものだと知った。ちゃんと納めて火葬してあげれたけど、知らないとこういうことがあるのね。しかし、遺品をメルカリに出すのはどーかと思うけどなぁ。 x.com/unamin/status/…

身内に不幸があり自分が葬儀屋6年ぐらいしてたのもあって今日色々相談乗ってたけど依頼してた葬儀社が3秒でバレる嘘ついてきたし、費用面もモヤモヤしてたから業者変えてんけど、その変えた先でも3秒でバレる嘘ついて来てほんまカス 修正さしたけどこれ知識ないとカモられてた思うとゾッとするわ

シャフ ・努力は一般よりそこそこ ・墓守なので精度はきっちり ・筋力の付きにくい華奢な家系なので運動神経そこまでよくない ・葬儀とか遺体処理等してるので手先も器用寄り ・本読むのが好きだったりするので結構色んな知識がある ・実践経験は墓荒し相手 ・筋力も体力もないのであまり戦いたくない

父の突然の体調不良から、葬儀まで本当に色んな事があった。お坊さんからちょっとした知識や、葬儀までの色んなご遺体への準備など、本当に色んな事を学んだような気がする。 こんな時だからこそ、大切な人を知ってもらう機会にもなった。

仕事について たまにちらほら聞かれるので お葬式のお仕事です  とは言っても、全てをするわけではなく、亡くなった方を搬送するお仕事をしてます 葬儀知識は必須です 休みはすくなく、盆、正月など 関係ありません 時間もながいです👍

私はTLの知識葬儀屋がただの葬儀屋だって知ってるんだけど、それはそうとしてあまりにもいいキャラしてて「ほんとに?死体蘇生とかしてないの??」って半信半疑で見てる